備えあれば憂いなし。臨機応変に。柔軟に。

「備えあれば憂いなし」

何事も備えておけば、いざというときに何か起きても心配はない、という意味です。

今日の記事は、少し考える内容です。

現高2で、茨城県立高校入試を受けた皆さん、あの日、あの頃のことを覚えていますか?

2月27日、一斉休校が発表され、3月4日には入試本番。

特に数学の問題を見たとき、驚いた生徒さんは多いのではないでしょうか?

 

そして3月から4月にかけて、新型コロナウイルスが流行、学校も休校、今までとは全く違う暮らしになりました。

こんなことになると想像もしていなかった、大半の方がそう思われると思います。

これらの経験から、日常生活においても、これでもかというほど「もしも」のことを想定するようになりました。

 

この「もしも」、実は勉強でも活かせます。というか活かしています。

ベストワンでの例を挙げると「定期テスト対策」が強みです。

2021年度 中学生期末テスト対策風景

2021年度前期(1学期)期末テスト対策始めます!

その他にも、昨日の記事に書いたSmapen Englishもそうですね。

講師が体験してみました。~Smapen English~

ますは講師と、本日の英会話の流れをチェック。

分からない発音や、文章の切れ目などを不安がなくなるまでひたすら繰り返します。

英会話が25分ありますが、生徒には開始30分前には来てもらい、30分間徹底的に練習します。

その後黄色の個室にて、チューターと実践。約一時間英語に触れられます。

またこのSmapen Englishは、英作文もあるので、書く力・表現する力が身につき、それを実際に話すため、話す力も身につけさせます。

このように、普段なかなか行わないようなことも、備えあれば憂いなし!なのです!

また、ハプニングが起こった時も(英会話ではそうそうハプニングは起こりませんが)柔軟な対応が必要です。

英会話に限らず、これからの勉強や暮らしの中でも「もしも」に備えて、「臨機応変」に「柔軟な対応」をできるよう、講師陣も心がけます。

☆各種SNSも更新しています☆

 

https://www.facebook.com/MITO.BESTONE

 

 

 

 

カテゴリー: blog パーマリンク
LINEで問合せ|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)