勉強の悩み、ありますか?③

今日は勉強の悩みに答えるシリーズ第三弾です。

〇勉強をしようとは思うが、やる気が出ない。

これもよくある悩みですね。

では、いくつか原因を挙げていきます。

 

①何から始めたらよいかわからない
②やり方が分からない
③やっても成績が上がらない(上がらなかった)から自暴自棄になっている

 

主にこの3つかと思います。

改善策です。

①あれもこれもと、選択肢が多すぎるため、何から始めるかが分からなくなります。お勧めの方法は、ノートや付箋、勉強用の手帳などに、今日やること(やりたいこと)を箇条書きにします。

以下、例です。

・国語:ワーク24~31
・数学:ワーク18~22
・理科:期末テストの解き直し

こんな感じにメモしておきます。
終わったらチェックをつけておきます。
それで、一日で終わらなかったら色ペンなどで、明日やる、と書き加えておきましょう。

スマホにメモはだめですか?と聞かれそうですが、勉強に集中する上で、いったんスマホは目につかないところに置き、できれば紙に書いておきましょう。
さらに、できたら勉強時間もメモしておきましょう。
ただ、例外として、スマホアプリの勉強管理アプリなどは活用して良いと思います。その際は通知などは目に見えないようにしましょう。

 

②勉強のやり方がわからない
これは私(ベストワンブログ担当)も経験済みです。ただ、大人になってこうして塾で仕事をしていると、この勉強の仕方が良いのではないか?といろいろと気づくようになりました。一番良いのはプロに任せることです。でも自分でどうにかやらないと、となった場合は、科目ごとに異なります。

国語→日頃から書物に触れること
数学→基礎的な問題を確実にすること
英語→数学同様
理科→用語や公式を覚え、使いこなせるようにすること
社会→用語を覚え、説明できるようになること

最低限このくらいはできるようにしましょう。また、すべての科目に共通することは、間違いを放置しないことです。

これをやってしまうと、積み上げ科目(数学や英語)は伸びません。どこからわからないのかわからない、となると、プロに頼ることが一番です。

③やっても上がらない(上がらなかった)
過去の体験から、やる気を失っている状態です。

私は過去に、誤って腐った牛乳を飲んだことがありました。(本当に幼いころです)
それから、牛乳=不味い と認識していました。
ただ、その後ちゃんと腐っていない牛乳を飲んだら、意外とおいしいじゃん、と思って、中学時代は牛乳をたくさん飲むほど好きになりました。

極端な例ではありますが、こうして失敗したことを上書きすれば、むしろ得意(好き)になれるのです。

この牛乳の話は、いきなり一気に牛乳を飲んだわけではありません。ちょっとずつ、ちょっとずつ飲みました。

勉強も、一気にやると疲れますから、まずはハードルを極限まで下げましょう。最悪、教科書を開くだけでも、何もしていないよりかはマシです。開いたけれど何も頭に入らないのなら、音読しましょう。まだできると思ったら、問題を解いてみましょう。スモールステップを重ねていきましょう。

 

ベストワンでは、総合的に学力を伸ばすための指導を行っています。今は中3生は13~22時まで頑張っています。小学生も、最初は勉強に抵抗があった子も、徐々に勉強を楽しめるようになってきています。高校生も、いつでも質問や進路相談できる環境があります。一度体験に来てみませんか?

☆各種SNSも更新しています☆

https://twitter.com/bestone_mito

 

https://www.facebook.com/MITO.BESTONE

カテゴリー: blog パーマリンク
LINEで問合せ|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)