選ばれる理由

companyname
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)
  • 選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)

学習塾ベストワンには、
確かな合格実績が示す、選ばれる理由があります。

学習塾ベストワンには、
確かな合格実績が示す、
選ばれる理由があります。

中学生本科コース

選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)

独自の映像授業による個別指導により
確かな学力アップを実感いただいております

自分たちでつくったテキスト映像だから
親近感が違います
映像授業に使う映像は、私たち講師がテキストをもとに肉声で説明している様子を録画したものです。以前は業者が制作した市販の映像を使っていましたが、自分たちでテキスト映像をつくることで痒いところに手が届く指導が可能になり、親近感を覚えながら学べるということで生徒たちにも好評です。
選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)

独自の映像授業でみずから学習しながらも
徹底した個別指導をお約束いたします

「講師の授業を受ける」
という授業ではありません
ベストワンの方針は「みずから学ぶ姿勢を身につける」ことです。独自の映像授業により、それぞれの生徒がみずから学ぶスタイルとともに、常に講師陣が個別指導を行える体制を整えております。塾生は安心して学力向上に臨むことが可能です。

小学生本科コース

選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)

ベストワンが目指す「高校合格への道」は
小学生の段階からスタートしています

定期的に「学力テスト」を実施し、
「過去の振り返り」をします。
学力テストの実施で発見された「弱点分野」は、必ず、テスト受験後の初回授業で再指導を行っています。これにより、お子さんは「先延ばし」することなく、「弱点分野の克服」が行えます。

くわしくはこちら

高等部

選ばれる理由|水戸市見和の個別指導学習塾BESTONE(ベストワン)

大切にしているのは
生徒とのコミュニケーション

講師陣はコミュニケーション力を
大切にしております
生徒の学力向上をサポートする講師陣に求められているのは「コミュニケーション力」です。ベストワンでは講師陣のコミュニケーション力向上も徹底しております。
コミュニケーション力向上が、個別指導による学習効果を発揮させる要因となっております。

学習塾ベストワンで成績が上がる理由

1
通常授業は
予習先行型授業
学校の授業が復習になるように予習先行型の学習で授業を進めます。だから、学校の授業が「よくわかる」「自信が持てる」「楽しく」なります。また、中学生の授業は、定期テストの範囲の内容を、テスト日の3週間前に完結します。だから、ライバルたちより早く本格的なテスト勉強が始められます。
2
私語のない集中できる環境で
わかりやすい・楽しい授業
私語の一切ない集中できる環境こそ意義ある深い学習が可能となります。ベストワンでは、各教科専門のベテラン講師が、日々、真剣勝負の情熱授業を展開しています。専門知識に裏打ちされたわかりやすい授業、「わかる」「できる」喜びを実感する「楽しい」授業で、お子様の学習意欲が自然と高まるのです。
3
短期間で驚異の成績アップ!
出る順演習
成績向上に欠かせないこと、それは基礎・基本の反復トレーニングです。出る順演習は、公立入試や定期テストに出題される情報だけを織り込んだ「ミラクルロード」を用いて、短期間のうちに基礎・基本を確実に定着させ、驚異的な成績アップを達成します。週3回コースでは5教科全ての指導を行います。
4
定期テスト日の3週間前から始める
テスト対策
成績が上がらない最大の理由は“知識が曖昧(あいまい)”だから。なぜ曖昧なのかというと、それは学習不足だからです。子どもたちに求められるのは、問題を見て反射的に答えが出るほど、体に染み込ませるような圧倒的な量の「学習トレーニング」。だから、遅くとも3週間前からテスト勉強を始めるのです。
5
科目ごとの学習の
ロードマップ
圧倒的な学習量といっても、多くの生徒は、何を、どのように、どれくらいやればいいのかわかりません。そこで、3週間の定期テスト対策期間に行う学習の「ロードマップ」を提示。「何を」「どのように」「どれくらい」やって「いつまでに」完結するかを明確にします。だから、生徒はいつのまにか自然と大量の学習をするのです。
6
講師がテキスト・学校ワークを
すべてチェック
「ロードマップ」には、どのテキストを「いつから」始め「いつまでに」完結させるかも明記しています。だから、講師は、指定範囲を終えたすべてのテキストや学校ワークを生徒の目の前でチェックします。正しい学習法にのっとって進めているか、正しく理解をしているかなど細部にわたってチェックし、指導します。